toggle
2016-03-28

I’m woman. FAM-VERCE 2009.4月号

ウーマン04

 

泣ける女(ひと)

 

我が身の孤独に囚われているとき

女は泣くことが 出来ない。

こらえてしまう自制心が

どう映るのかを 垣間見て

それがこころのゆとりを 失くしてしまう。

忙しい流れに身を委ねることで

バランスを保っていると錯覚して

冷静な判断を 恐れてしまう。

実際にこころで求めている

本当の〝ゆとり〟は

小さな習慣の中で

幸せ吐息を 吐けることだろう

自分自身に 我が儘を伝えられて

求めている愛情を生みだし

優しく相手と触れ合えることだろう。

今この瞬間、こころに〝ゆとり〟があるならば

きっと女は 素直に泣けるのでしょう

それが出来たら、

巡る物事に ただ穏やかに泣いて

生きられるのかも知れない。

 

constitution / 鏡花 illustration / kikue FAM-VERCE 2009.4月号 I’m woman

 

福井のフリーペーパー「fam」で、掲載している「I’m woman」という記事コーナーのイラスト制作やデザインをさせていただいております。鏡花さんの文章は、毎月艶やかで、女心の深い部分をつく、深い詩で、密かなファンが多数存在するとか…。ぜひ、女性の方に読んでいただきたいです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です