toggle
2016-03-29

I’m woman. FAM-VERCE 2008.10月号

ウーマン10

 

初一夜

 

ひとひらの花びらが

 

舞い降りた夜、

女は謙遜にも 男に身をまかす。

 

それがたとえ 煩悩だと

心どこかに解っていても

流れる星のように、堕ちてゆく。

 

愛おしい肌の温度に包まれて

ひとつに重なる歓喜を 噛みしめ、

今宵だけの夢をみる。

 

そして 一夜の出来事に

目を閉じて ときに記憶を辿り、

女は不甲斐無さに息を吐く。

そうして哀愁がこみあげる一夜を

胸に刻んで 月を見上げる。

 

いつの日か

人に〝言えない真実〟が

時と共に 散るならば

 

どうか あのふたりの心に

残り香として 在っていて欲しいと

ただ 願うのだ。

 


 

※一夜だけの恋。ひとつになることで生まれる情は相手にも自分にも賛否両論です。ただ、自分にしか問えない情事の真実はせつなくも自分にしか分らないものかも知れません。

 

constitution / 鏡花 illustration / kikue FAM-VERCE 2008.10月号 I’m woman

 

福井のフリーペーパー「fam」で、掲載している「I’m woman」という記事コーナーのイラスト制作やデザインをさせていただいております。鏡花さんの文章は、毎月艶やかで、女心の深い部分をつく、深い詩で、密かなファンが多数存在するとか…。ぜひ、女性の方に読んでいただきたいです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です